at easeの新着情報・ブログ

Blogお知らせ・スタッフブログ

スイングで左側に飛ぶのをドローボールにするマル秘テクニック2023.10.26

パーソナルトレーニングジム at ease尼崎
のWEBサイトをご覧いただきありがとうございます

右や左にボールが飛んでしまい球筋をコントロール出来ない事はよくある事です。

そのうち治るかな〜と思ってにスイングしてると悪い癖になり修正するのに時間が掛かります。

すぐに対処する事でスコアに影響せずにストレス無くプレー出来ると思います。

今回は『左に飛ぶ』のテーマに解説していきます。
ポイントとはスイングでの『間』です

動画 スイングで左側に飛ぶのを
ドローにするマル秘テクニック

左に飛ぶ原因


①アウトサイドイン
ダウンスイングでクラブヘッドの軌道が外側から内側に入ってくる

②体の開きが早い
肩の開きとヘッドが同調してダウンスイングをしていくとフェースは左側を向きます。この時ボールは左側に飛びます

③右に乗ったままスイング
重心が右側に乗ったまま無理に振り切ろうとする

左側に飛び方は以下の呼び方をします。
☆チーピン(フック)
ボールがターゲット方向に真っすぐ出た後、急激に左方向に曲がってしまう

☆引っ掛け
初めから左側に飛んでしまう

ドローボールとは

ターゲットに対して右側に打ち出されたボールが、空中で左にカーブし、およそターゲットライン付近に戻ってくるような弾道のこと。

メリットは
飛距離が出る・風に負けない強い打球


ドローボールを打つには


最初にドローボールを打つ為には
『間』とお話ししました。

単にタイミングを遅らすだけでは無く、力強いスイングをする為の『タメ』を作っています。
『タメ』は体を捻るゴルフにおいてパワーを貯める重要なポジションです。

動画でバックスイングから重心を落としていましたが、この時に大切な事があります。
それは『お尻に張りを感じる』のが大切です。

パーソナルトレーナー目線から言うと


股関節に乗せると言います。股関節に乗る事で軸圧が入り周囲の筋肉が働き安定します。
そして股関節は球関節なので回る関節です。スイングで骨盤を回すと表現しますが、実は股関節が回ってます。

股関節に乗せて安定して、回る関節である股関節を使う→これが下半身を使ってスイングするという事です。

そして筋肉がゴムのように伸びる(張り)事で縮む特徴があります。これで『間』が出来ます。

お尻に張りがない時は膝を曲げただけの動きで、ニーアクションを誘発してしまいます。

重心を落として
お尻に張りを感じて『間』を作って下さい。


バックスイングで『間』を作り
次はクラブを落とし『間』を作ります

クラブを下げる・脇を締める事とは違います。
何故かと言うと力みがありインパクトで右肩が下がりやすくなります。

あくまでクラブの重みを感じる事が大切です。
そしてクラブを落とすには肩甲骨のスムーズな動きが重要になります。

クラブが落ちた事で腕と胴体が一体化になり、体が開かずに正面で打つ事で当たりが厚いドローボールが打てます。

クラブを落とす為の肩甲骨の動き

まとめると


①左に飛ぶ原因はアウトサイドインから入り体の開きが早くなります
②防ぐためには重心を落とす
③クラブの重みを感じて落とす
④腕と胴体が一体化になりドローボールが打てる


ゴルフスイング関連動画


スイングでダフらない脚の使い方


ゴルフの悩みリバースを改善する
簡単エクササイズ

⭐︎パーソナルトレーニング・整体やってます
身体を快適に、そしてアップデートしませんか?

たった3回で効果を実感するトレーニング&整体

at easeパーソナルトレーニングジムでは筋力トレーニングだけではなく、高齢者〜アスリートを担当してる

トレーナーがあなたの悩みを改善します

【ゴルフ整体】

30分 ¥3,300
60分 ¥6,600
90分 ¥9,900

強く振るだけでは飛距離どころか身体に負担が蓄積しまい怪我のもとです。

飛距離アップに必要な股関節・背骨・肩甲骨を滑らかに動かせる身体にモデルチェンジして、飛距離10ヤード伸ばします。


【ゴルフパーソナル】


プロゴルファーも受けるゴルフ特化型
他社とは一味違うトレーニングです

60分 ¥8,800

《オススメ》月額プラン
1ヶ月4回 ¥30,800(1回あたり7,700)
2ヶ月8回 ¥56,000(1回あたり7,000)
2ヶ月16回 ¥94,400(1回あたり5,900)

TOP